日産 エルグランド買取のポイントは

日産,エルグランド,買取,査定

日産自動車が生産を手掛けるエルグランドは、1997年より引き続いて販売されており、現在のモデルは2010年にモデルチェンジが実施された3代目モデルです。

 

 

日産 エルグランドはフルサイズで2ボックスタイプの高級ミニバンです。

 

この車の特徴としてキャビンを広くしたサイズ感で、元々同社がかつて生産していたワンボックスタイプのワゴン及び商用車であるキャラバン(ホーミー)の派生車で、

 

人と貨物を運搬する目的であったことから現在までのモデルでも、キャビンの広さを重視しており、

 

ゆったりと過ごせる車内と高級感を持たせたラグジュアリーなインテリアでゆとりの空間演出をします。

 

 

 

発売当初のモデルは3000t以上のエンジンを搭載しておりゆとりのある走りと圧倒的なパワーを魅力としていました。

 

 

この頃では珍しい片側ではありながらパワースライドドア採用で人気が高まりましたが、

 

2代目モデルからは両側スライドドアが主流になったことで一気に人気が2代目へと移行しました。

 

 

現在のモデルは、日産独自のインテリジェントセーフティーシステムを搭載し、

 

安全性が高められたことで、ラグジュアリー性と安全性を高めた高級ミニバンとして人気が高いです。

 

 

世界初となる「移動物検知」機能を追加したアラウンドビューモニターを搭載したモデルの人気が高いです。

 

 

現在、日本市場でハイブリッド化やEV化が進み、大型エンジンを搭載したガソリン車の人気が低迷しつつあり、

 

小型、中型ミニバンのハイブリッドモデルに注目が集まる中、フルサイズのエルグランドの人気は同様に高いです。

 

 

 

高級ミニバンとして販売されているエルグランドは新車価格が高いため、中古市場での人気をキープしています。

 

 

これを受けて、買取り市場でも程度の良い車両は高値で買取査定が付く傾向が見られます。

 

 

とくに、スポーティーグレードのハイウエイスターやライダーは特別なエアロカスタマイズが施されており、

 

 

白や黒の人気色でサンルーフが搭載された車両の買取額は高いです。

 

 


「日産 エルグランド」を高く売るためのポイント

「日産 エルグランド」を高く売るためのポイントは、要するに「購入者(買取り業者自身ではなくその顧客)が価値を感じられるかどうか」です。

 

 

一般消費者など車販売店の顧客となる人が購入する可能性が高い商品(車)ほど価値は高く評価される可能性が期待できます。

 

 

逆に、購入希望者が現れないような状態であれば価値は下がってしまいます。

 

 

買い取り価格は「相場」によって変動していて、これが高い位置にある段階で売却することが重要です。

 

 

同じ車でもわずか数か月のうちに価値が激減してしまう可能性も十分にあるため、

 

売却を検討し始めたら常に変動をチェックしながらタイミング(タイムリミット)を見計らいましょう。

 

 

 

中古車買い取り業者が車の価値を判断する基準はすでに書いた通りですが、それらは「査定」という形で判断されます。

 

 

査定は必ず行われると考えて問題ありませんが、あまりに状態が悪い場合は(実質的に)査定を行わずに価値が判断される可能性もあるため、

 

 

少しでも良い評価が得られるように対策が必要です。

 

 

 

たとえば、「複数の中古車買い取り業者で査定を受けて、その結果を比較する」という方法は非常に有効です。

 

 

基本的には人気の高い車種といえる「エルグランド」は、年式や状態を問わず多くの需要を抱えています。

 

 

新しいもの、きれいなものほど価値が高くなりやすいものの、すでに型落ちとなってしまっている年式のものでも高く売買される可能性は十分にあります。

 

 

「古いから安いだろう」と先入観を持ってしまうと、本来の価値よりも大きく下げて売却してしまう可能性がありますが、

 

複数の査定結果があれば最低でもその中で最も良い選択肢を選ぶことができるのでリスク回避が可能です。

 

 

 

また、さまざまな目的で購入するユーザーがいるため、「カスタム」によって価値が変動する可能性もあります。

 

車は基本的にノーマルの状態が最も安定して高く売れますが、上手にカスタムされた車両は価値が上がる可能性もあります。

 

 

日産,エルグランド,買取,査定