車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

車検を契機に車を乗り換えて買取をしてもらうケースは多いです。

 

 

車検を通すだけでそれなりの金額がかかるのであれば、

 

だったら通す前に売った方がいいと考えるのが普通です。
車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

 

基本的に、通してから売った方が表面上の値段的にはプラスになります。

 

 

次に乗る人はすべてを支払ってもらった後で2年間安心して乗ることが出来ます。

 

 

車を売る側からしたらこれほど営業しやすい車はありません。

 

 

なので、

 

売却価格もそれなりに高くなりますが、

 

それでも売れます。

 

 

確実に通した方がプラスになることは確実です。

 

 

しかし、

 

通したからその分以上の査定になることはまずないのも事実です。

 

 

プラスされたとしても使った費用の一部のみが上乗せされるだけでお得にはなりません。

 

 

つまり、

 

わざわざ通す必要はないということです。

 

 

例えば現時点で車検が切れていた場合、

 

わざわざ取得する必要はないです。

 

しかも、

 

このために取得をするとなれば仮ナンバーをもらうなど色々と手続きが必要になります。

 

 

その費用や時間を加味し、

 

結果的にプラス査定になる部分を考慮しても、

 

見合った査定額にはならないことは間違いありません。

 

 

車検が切れた車を引き取ってくれる業者は数多くあります。

 

 

出張費などを請求するところはあるかもしれませんが、

 

本来であれば必要である手続きなどは業者が全部やってくれるので、

 

その手間などを考えれば切れていたとしても問題はありません。

 

 

結局何をしてもプラスにならないのであれば何もしない方がいいのが普通です。

 

 

ジタバタとするのではなく、

 

車を取りに来てくれるような業者にお願いをして、

 

現地で売却できるような状況にした方が、

 

手間や時間を節約でき、

 

結果的にお得になります。

 

 

切れていた方がむしろいいケースもあり、

 

それ車を海外へ輸出するケースです。

 

この場合は変に通されても、

 

この場合は変に通されても、

 

輸出をする際に色々と手間がかかってしまうため、

 

何もしていない方が業者にとっては好都合というわけです。

 

 

もちろん車種によって需要は大きく異なりますが、

 

日本国内で需要が非常にあるようなケースではそのようなことはないです。
車検の有無は買い取り額に影響するのか?車検は残っている方が良いの?切れいている場合は取ってから売却がお得なのか?」

 

ただ、

 

頑丈な車など海外でも十分走れる車はたとえ走行距離がかなりいっていたり

 

年式が古くても問題ありません。

 

 

年式が古い車で切れている場合には何もしない方がお得になることがあります。

 

 

もちろん一番いいのは残り1か月でもいいので期限まで余裕を残しておくことです。

 

 

これならわざわざ車を動かすために陸運局に行って仮ナンバーの申請をするなどの必要がなくなるからです。

 

 

そして業者を呼んで持っていってもらう手間もかかりません。

 

 

それだけ査定額がプラスになり、

 

買取の金額が上がります。

 

 

うまく売却が出来れば車の頭金にもなるので、

 

売却したい場合には車検が切れる少し前までに判断をするのがおすすめです。

 

 

車検まであと1年程度ある車が意外と査定が高くなりやすいというのもあります。

 

 

少なくとも余裕を残して買取をお願いするイメージで大丈夫です。

 

 

 

トップページに戻る