車の下取りと買取の違いは?メリットとデメリット

車の下取りと買取の大きな違いは、

 

車を売った後で更に新しい車を同じところで買うという前提があるのかどうかの違いです。
車の下取りと買取の違いは?メリットとデメリット

 

下取りの方はこの前提があるので売ったところで

 

新しい車に買い替えるというような事になると考えると分かり易いはず。

 

 

車買取の方は売るだけの事ですから、

 

特にその後でそこで新しい車を買うのかどうかという事は関係ありません。

 

 

という事は、

 

下取りの方が色々とこれを交渉に使えるというように考えるかもしれません。

 

 

これはある意味ではメリットという事も言えるのですが、

 

逆に業者はこれを使って上手く誤魔化すという事も出来るわけで、

 

新車の値引きを多くするので下取りはこれで勘弁してくださいというように言ってしまう事も出来ます。

 

 

新車をどこで買うのかという事はまだ決めていない人も多いでしょうから、

 

これによってお客さんを獲得する手段に使ってしまう事も出来るという事も考えられます。

 

これだけの金額にするので、

 

これだけの金額にするので、

 

必ず新しい車を買うようにしてくださいというようにしてしまう事も出来るわけで、

 

これはどちらにメリットがあるのかというのは難しいという事も言えるのかもしれません。

 

 

メリデメは常に立場と考え方によって変わるという事を知っておいた方が良いでしょう。

 

 

そして、

 

この考え方は誰もがお金だけで考えるという事でもありません。

 

 

人によっては時間を最優先に考えるという人もいるでしょうし、

 

自由な選択肢がある事を優先するという事も考えるでしょう。

 

 

まだ自分の考えが決まっていない段階で次の段階の事を決めるのは、

 

確かにリスクだと考える人もいるでしょう。

 

 

逆にもう次の事は決めているのだから、

 

それを上手く活用できる事はメリットだとする人も少なくはありません。

 

 

これらは考え方、

 

立場などで変わってくることを証明しています。

 

 

ですから、

 

どちらが良いのかというような事が言えるものでは無くて、

 

個人の考えによって全く違う事になるというのが正しいでしょう。

 

 

後は自分の考えを整理して、

 

最も自分が納得できる選択をするようにするよう心掛けましょう。

 

 

決してディーラーの人達の話術に惑わされてはいません。

 

 

接客の営業マンの頭の中は、自分達の利益であって、

 

お客さんの利益ではありません。

 

 

言葉巧みに様々な事を言ってきますが、

 

それらは全て自分の会社が利益をあげる為に考えられたものだという事を理解して冷静に対応する必要があります。
車の下取りと買取の違いは?メリットとデメリット

 

ということは、

 

即断即決のような事はまず考えられないといって良いはずです。

 

トップページに戻る