リースで購入した車は売れるの?車の乗り換え検討中なら

車を所有するにあたり、

 

色んな方法がありますね。
リースで購入した車は売れるの?車の乗り換え検討中なら

 

新車や中古車であったり、

 

リースであったり、。

 

 

前者ははっきりしていますが、

 

後者はどういうことなのでしょうか?

 

 

それは個人で購入するのではなく、

 

個人に代わりに会社が購入し長期契約により貸し出される形態です。

 

 

それにより一定期間、

 

自分の物のように乗ることができるというものです。

 

 

そしてリースする事のメリットとしては、

 

多くの場合、

 

頭金が不要なので少ない初期費用で購入する事が出来ますし、

 

税金や検査、

 

さらにはメンテナンスなどの手続きも言わば会社が代行してくれます。

 

 

他には月々の支払いが安定している為、

 

家計にも優しいといったところでしょう。

 

リース会社によって多少サービスが異なる部分もありますが、

 

概ねこの様な形態です。

 

しかし、

 

しかし、

 

別の車種に変えたくなった時、

 

今まで支払った代金がもったいないのではないかと思われる方もあるかも知れませんが、

 

その辺りも残価設定というプランもあり、

 

期間満了後に残っていると予想される下取り価格を、

 

あらかじめ差し引いて料金に反映させる事も可能なのです。

 

 

通常の場合、

 

買い替えとなると、

 

今ある物を下取りという形で引き取ってもらい、

 

次の物の価格から差し引いてもらう事が多いのですが、

 

リースで購入した場合の販売や下取りに出す事は出来るのでしょうか?

 

そもそも一般購入と大きく違うのは所有権です。

 

 

普通であれば、

 

ディーラーやカーショップで売買契約し、

 

手続きや支払いを進めていきますが、

 

その段階で所有権はショップから個人へ変わります。

 

 

しかしリースの場合は所有権は会社にあり、

 

会社との賃貸契約の様なものです。

 

 

自己所有の場合は設定した支払期間中であっても、

 

自分の好みに合わせてカスタマイズも出来ますし、

 

好きなだけ走行する事も出来ます。

 

 

ですが、

 

会社所有なので基本的にはそういったカスタマイズも出来ませんし、

 

契約を続けている限り料金は支払い続けなければなりません。

 

 

では、

 

契約期間が満了したらどうなるのでしょうか?

 

 

選択肢として新たな契約をする、

 

同じ車種で再契約する、

 

買い取りをする、

 

契約をやめるなど主にこの4つの方法が挙げられます。

 

 

この中の3つ目の買い取りを選択した場合、

 

所有権は個人の物となるので、

 

そこからカスタマイズも出来ますし、

 

下取りなどに出すことは可能と言えるでしょう。

 

リースで購入した車は売れるの?車の乗り換え検討中なら
ですが買い取りに際しては残存価格や諸々の手数料や所有権変更に関する費用など

 

提示された金額の支払いが発生する事があるので、

 

金額面でデメリットとなるかも知れません。

 

難しい事かも知れませんが、

 

そういった先を見据えて考える事がとても大切です。

 

トップページに戻る